受入れ機関の役割

受入れ機関の届出一覧表

随時届出

  • 届出先:特定技能所属機関の住所を管轄する地方出入国在留管理局
  • 方法:持参又は郵送
様式 参考様式 期限 特記事項・留意点
1 特定技能雇用契約に係る届出書 第3ー1号 事由発生日から
14日以内
特定技能雇用契約について,①変更,②終了,③新たな契約の締結があった場合は届出が必要。
2 支援計画変更に係る届出書 第3ー2号 1号特定技能外国人支援計画について,変更があった場合は届出が必要。
3 支援委託契約に係る届出書 第3ー3号 支援委託契約について,①締結,②変更,③終了があった場合は届出が必要。
4 受入れ困難に係る届出書 第3ー4号 特定技能外国人の受入れが困難となった場合(行方不明,死亡等)は届出が必要。
5 出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しく不当な行為(不正行為)に係る届出書 第3ー5号 特定技能外国人について,不正行為(残業代 等賃金の不払,暴行・脅迫,旅券又は在留カードの取上げ,労働関係法令違反など)があった場合は届出が必要。

定期届出

  • 届出先:特定技能所属機関の住所を管轄する地方出入国在留管理局
  • 方法:持参又は郵送
様式 参考様式 期限 特記事項・留意点
1 受入れ状況に係る届出書 第3ー6号 翌四半期の初日
から14日以内
受け入れている特定技能外国人ごとに「特定技能」の活動を行った日数,場所及び従事した業務の内容等について届出が必要。
2 支援実施状況に係る届出書 第3ー7号 ・1号特定技能外国人に対する支援の実施状況について届出が必要。
・支援計画の全部の実施を登録支援機関に委託した場合は届出不要。
3 活動状況に係る届出書 第3ー8号 特定技能外国人に対する報酬支払状況(参考様式第3-8号別紙,預金口座等への振込状況を含む。),離職者数,行方不明者数,社会保険の加入状況及び労働保険の適用状況等について届出が必要。