「介護」特定技能ビザの取得ルート

新規申し込みの場合

技能実習2号を終了していない、または移行対象職種でない場合、以下の特定技能に関わる
2つの試験に合格する必要があります。

  • 日本語能力テスト

    日本語能力を問うテストについては次の2つの要件を満たす必要があります。
    国際交流基金日本語基礎テスト」に合格、または「日本語能力試験」でN4以上取得すること
    「介護日本語評価試験」に合格すること

  • 介護技能評価試験

    介護分野で即戦力として活動するために必要な知識を問う試験です。45問のコンピューター試験で行われ、国内外で試験を受けることができます。

  • 介護技能評価試験 介護日本語評価試験
    試験時間 60分 30分
    問題数、
    試験科目

    全45問
    (学科試験:40問)
    ・介護の基本(10問)
    ・こころとからだのしくみ(6問)
    ・コミュニケーション技術(4問)
    ・生活支援技術(20問)
    (実技試験:5問)
    ・判断等試験等の形式による実技試験課題を出題
    ▶︎出題基準

    全15問
    ・介護のことば(5問)
    ・介護の会話・声かけ(5問)
    ・介護の文書(5問)

    実施方法 コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式
    サンプル問題 ▶︎介護技能評価試験 ▶︎介護日本語評価試験
    受験料 1000円程度
    結果通知 試験後1ヶ月以内を目途に予約サイトのマイページから結果通知を確認可能
    合格基準 問題の総得点の60%以上